HOME>特集>レザーのバイクグローブの基本【ツーリングとレーシング用の違い】

レザーのバイクグローブの基本【ツーリングとレーシング用の違い】

バイク

ツーリング用バイクグローブの特徴

バイクの運転ではウインカーやホーン、それにパッシングなど、手の指先で行う操作が多くなっています。そして、バイクグローブにはツーリング用のレザーグローブもありますが、このタイプはライダーが行うであろう手指の動きを考察し、最適化されているのが特徴です。その上で万が一の時には手を守れるよう、プロテクション性が高められていることも特色になっています。良質な製品なら一段とバイクを運転しやすくなりますから、ツーリング用のレザーグローブを買う時は、値段のほか、操作性も重視するのが良いと思われます。また、ツーリング用のバイクグローブはデザイン面も豊かで、日常の服装にも馴染むタイプなど、ファッション性を備えている製品も少なくありません。

メンズ

レーシング用バイクグローブの特徴

更なる操作性を求めるなら、レーシング用のバイクグローブが断然おすすめです。このタイプはライディング中の繊細な指の動きを、的確にマシンへ伝えられるように考案されています。さらに、アクシデントによる怪我から手を守るといった強度も備えており、本来相反するこの2つの要素を、高度な次元で融合しているのです。そのためレザーの厚みや伸縮性も設計に組み込まれ、強靭なプロテクション性を確保しながら、精度の高い指の動きにも応えられるグローブに仕上がっています。見た目的にはメカニカルなデザインも多いのですが、これは優れた安全性と、複雑な動きに耐えうる操作性を追求した結果でもあり、その点もレーシング用ならではと言えます。ただし外観はゴツくても、ハイレベルな製品は素手で操作しているようなフィーリングを実現しているなど、堅牢性と操作性に特化しているのが特色です。街乗りでも十分効果を発揮しますから、バイクグローブをお探しの際は、レーシング用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。